コラム

50代の薄毛対策は「ウィッグ」より「増毛」がおすすめ!? 専門家が語るその理由に納得

50代の薄毛対策は「ウィッグ」より「増毛」がおすすめ!? 専門家が語るその理由に納得

年齢を重ねるごとに悩みが深くなる薄毛問題

年齢を重ねるごとに悩みが深くなる薄毛問題
薄毛は男性だけの悩みではありません。女性の薄毛は、主に「女性の男性型脱毛症(FAGA)」と「慢性休止期脱毛症」の2つのパターンがありますが、男性の薄毛と異なりどちらも原因ははっきりしていません。ホルモンバランスやストレス、生活習慣、血流など、さまざまな要因が関連していると言われています。また女性の薄毛は、頭頂部や分け目を中心に全体的に毛量が減る症状に悩むケースが多いのも特徴です。

全体的に毛髪が薄くなった場合、どのような薄毛対策がおすすめなのでしょうか? 一般的に比較されることが多い、「ウィッグ」と「増毛」について、専門家に聞いてみました。

ウィッグとは? どんなふうに薄毛対策できるの?

ウィッグとは? どんなふうに薄毛対策できるの?
ウィッグとは、人工皮膚やネットに人毛や人工毛を植毛したものです。かつらと同じといってもいいでしょう。昔からある薄毛対策で、頭全体を覆うフルタイプや、頭頂部など比較的狭い範囲をカバーする部分タイプなどがあり、ウィッグ用のワンタッチピンやテープなどで脱着します。最近は、若い人がファッション感覚でウィッグをつけたりしているので、抵抗なく着用できるようになってきたのではないでしょうか。

ウィッグには既製品とオーダーメイドがあります。オーダーメイドの場合、毛髪の材質や長さ、ベースネットの種類や大きさ、毛量や髪の色など、ほとんどすべてを自分仕様にカスタマイズすることが可能です。ヘアスタイルもサロンの施術スタッフがあなたの希望通りに仕上げてくれますから、きっと満足度できるウィッグを手に入れることができるでしょう。

既製品は髪の色や長さ、ベースの材質などが決まっている完成品の中から選択しなければなりませんが、すぐにでも薄毛を隠すことができるため、スピード感や手軽さを重視する方にはおすすめです。

増毛とは? どんなふうに薄毛対策できるの?

増毛とは、生えている自分の髪の毛を活かして、自毛1本1本に人工毛を結びつけて自然に増やしていく技術です。ちなみに人工毛を植えたネットを自毛に編み込む方式を増毛と謳っているところもありますが、被せる要素が強いためプロピアでは「かつら」の部類に入ります。
 
基本的にオーダーメイドなので、増やす箇所や量、カラーなどは自由自在です。また増毛は、生え際を間近で見ても気づかないほどの仕上がりの自然さが特徴。また激しい運動やマリンスポーツなども支障なく行えるくらいしっかりと取り付けることができます。さらに、ウィッグと違い日々の生活のなかで取り外したりお手入れしたりする必要がないので手間がかからず、自分の髪と同様の生活を送ることができます。

ウィッグより増毛を選ぶのはこんな人

ウィッグより増毛を選ぶ人の特徴を伺いました。

1.自分の髪と同様の生活がしたい人

先ほどもお話しましたが、増毛は自分の髪と同じ生活ができます。ウィッグのようにつけたり、外したりする必要がなく、日々のお手入れも特にありません。シャンプーした後は、普通にドライヤーで乾かすだけでOK。ブラッシングもOKです。

2.温泉旅行や運動を楽しみたい人

増毛は、自毛と人工毛髪がしっかりとジョイントされているので、強風や衝撃に強いという特徴があります。また水にも強いので、テニスなどのスポーツを楽しみたい人や、温泉旅行を楽しみたい人などに選ばれています。スポーツをして、髪が汗で濡れても、温泉に浸かったりシャンプーしたりしても、目立ったり外れたりすることがありませんから人の目が気になりません。

3.人に気づかれず、自然な仕上がりにしたい人

増毛は、増やす箇所も量も自由自在です。増やしたことを人に気づかれないように、少しずつ自然に増やしていくことができます。

4.カラーもヘアスタイルも自由に楽しみたい人

増やす箇所、量はもちろん、髪色は豊富に取り揃えてある中から好みのカラーを選ぶことができ、ヘアスタイルも自由にアレンジできますから、自分らしい髪型をいつまでも楽しめます。
より自由に、自分らしい暮らしをしたい人に選ばれているようです。

増毛は、実は再利用できて経済的

増毛は、実は再利用できて経済的
増毛は、自毛の根元部分に人工毛をくくりつけるので、自毛が伸びると、人工毛をくくりつけたジョイント部分が上がってきてしまい、髪型が不自然になってしまいます。そのため、髪が伸びると人工毛をカットしなければならず、短い期間でまた1から増毛をしなければならないというデメリットがありました。

そんな常識を覆したのが、ジョイント部分を再び根元に戻すことができる、プロピアの特殊技術です。この技術のおかげで、増毛は再利用できるようになり、施術費用は1/3程度にまで下がりました。プロピアの再利用できる施術が、今では増毛界のスタンダードになりつつあります。
 
ただし、再利用できる特殊技術を施すには施術スタッフの技術力が必要です。施術スタッフのスキルがないと、施術中に痛みを感じたり、増毛した人工毛がすぐに取れてしまったりといったトラブルが起こるケースがあります。また、再利用の回数に制限がある増毛サロンもあります。増毛を検討する際は、費用だけではなく、施術スタッフの技術力や再利用の回数条件などもチェックすることが重要です。

増毛がどんな技術なのか、どれだけ自然な仕上がりなのか、ウィッグと着用感がどう違うのかなどを知るために、まずは増毛体験をしてみることをおすすめします。また、増毛以外にも、薄毛も対策法はあるので、専門家に自分に合う対策を相談してみてはいかがでしょうか。

> プロピアのレディース増毛はこちら