コラム

植毛よりもヘアコンタクト?髪の毛を生やしたい方が「今」とるべき行動とは?

「自分の毛を生やしたい」

薄毛に悩んでいる方なら誰もが考えていることではないでしょうか?

現在その願望を叶える手段としてAGA治療、発毛剤、自毛植毛などが考えられます。

その中でも今回は「自毛植毛」に焦点を当てます。

「自毛植毛」に興味があるけど今一歩踏み出せない方必読です。

自分の髪の毛を生やしたい方が「今」とるべき行動とは?

自毛植毛の人気が加速

2016年からのデータでは、ヘアケア市場全体では4,400億円前後と成熟しているのに対し、植毛関連の市場は約107%で拡大を続けています。(出典:矢野経済研究所調べ)

今のヘアケア市場でもっとも注目されているといっても過言ではありません。

「自毛を復活させることができるので根本的な解決になる!

「ズレたりバレる心配から開放される」

と今までヘアケア市場を牽引していたカツラなどの人気に迫る勢いがある植毛。

日本皮膚科学会のガイドラインでも自毛植毛術は推奨度B(行うよう勧める)とされており有効性も実証されています。

推奨度:自毛植毛術は B(男性型脱毛症),C1(女 性型脱毛症).人工毛植毛術は D. 推奨文:男性型脱毛症には自毛植毛術を行うよう勧める.女性型脱毛症には自毛植毛術を行ってもよい.一方,男性型脱毛症・女性型脱毛症ともに人工毛植毛術を行うべきでない.

(出典:日本皮膚科学会 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版より)

まさしく「自分の毛を生やしたい」方にとって最適な方法のひとつでしょう。

毛髪再生医療の技術革新が急速に進展

「理化学研究所と再生医療ベンチャーが毛包器官再生医療に向けた 非臨床試験を開始」

こんなトピックが世間を賑わせています。

株式会社オーガンテクノロジーズ(代表取締役:杉村泰宏 以下、オーガンテクノロジーズ)、 並びに国立研究開発法人理化学研究所(理事長:松本紘 以下、理研)は、再生医療分野で ある「毛包器官再生による脱毛症の治療」に向けた臨床研究の前段階である非臨床試験を開 始することといたしましたのでお知らせいたします。

(出典:株式会社 オーガンテクノロジーズプレスリリースより)

近年、理化学研究所と再生医療ベンチャーが薄毛への技術革新で「毛包」を大量に生産することに成功したとメディアに発表し話題になりました。「毛包」とは毛を産生する器官であり、これにより薄毛の抜本的な解決になるのではないかと期待が寄せられています。

しかも、なんとこの技術は2020年代の実用化を目指しており、薄毛について考える私達にとってはとても嬉しい話です。

薄毛への抜本的な対策が現実的になった“今”とるべき行動とは?

さて、薄毛への抜本的な対策が現実的になった“今”とるべき賢い行動とは何でしょうか?

  1. 今有効な自毛植毛をして先のことは後で考える
  2. 毛髪再生医療が確立されるまで何もしない
  3. 毛髪再生医療が確立されるまで頭皮に手を加えない手段で補う

今有効な自毛植毛をして先のことは後で考える

とにかく「今」が一番、という方の選択です。

また、いろいろな理由から「今」決断を迫られている方もいらっしゃることでしょう。

今の技術でも自毛植毛+AGA内服薬の組み合わせで進行を遅らせながら、気になるところはしっかり生やすことが可能とされています。

自毛植毛は、自分の髪の毛を移動させて今気になるところへ移植する手術です。

お察しの通り自毛植毛は薄毛の進行を止めるものではありませんので、進行した個所に対する対策も必要になってきます。

一度手術を行えばすべてが解決するわけではありません。

また、毛髪再生医療が一般化されるであろう将来には今より進んだ医療技術になっていると予想されますので、今の技術と将来時の最新技術が自分の頭髪に混在する可能性を考えておく必要もあります。

毛髪再生医療が確立されるまで何もしない

上記の懸念点を考えると賢い選択です。しかし、毛髪再生医療が確立されるまではある程度年月を要するのも事実です。

さらに確立されても当初は一般の方が手を出せる価格帯とは考え難く、費用が落ち着いてくるまでさらに時間がかかると考えられます。

とはいっても10年も15年も待てないのが心情でしょう。

毛髪再生医療が確立されるまで頭皮に手を加えない手段で補う

これが一番賢い選択です。近い将来に毛髪再生医療技術が確立される可能性が高い中「今」自毛植毛を選択する場合、上述の通り自毛植毛は薄毛の進行を止めるものではない以上、将来的に数回手術を繰り返す必要があります。

しかしながら「今」の自毛植毛は自分の髪の毛を移動させる方法ですので、どうしても回数に限りが出てきます。

その間に毛髪再生医療の確立が追い付けば制限が無くなりますが、植毛医療技術の進歩から、「今」と違った手術技法になることも考えられ新旧技術が自分の頭髪に入り混じる可能性も否定できません。

頭髪全体を自然さを考えた場合、毛流れなど一貫した自然さを保つ必要があるため継ぎはぎの手術は自然さを損なう確率が高くなります。

これらを踏まえると、

毛髪再生医療の一般化を待ち望みつつ「今」は頭皮に手を加えない手段を選択しておくことが最善

ということになります。

頭皮に手を加えない手段とは?

代表的な手段として「カツラ」と「ヘアコンタクト」があります。

「ヘアコンタクトってカツラじゃないの?」

と思われたアナタ、全然違います。

俗に言うカツラは人工で作られた頭皮に毛を植えて作られた製品ですので、あくまでも「被る」という表現になります。

最近はカツラを高性能になっていますのでカツラで満足される方も多数いらっしゃいます。

一方ヘアコンタクトは、予め植毛してある透明な極薄特殊フィルムを頭皮に「貼って」透過させることで自分の頭皮を活かし、より自然に見せることができますので、「カツラ」とは全く異なるカテゴリーに分類されます。

 

ヘアコンタクトグランの登場で自毛植毛と比較するレベルに

※これらの写真は修正写真ではありません。
今回ヘアコンタクトがヘアコンタクトグランとしてバージョンアップされ、より「頭皮と一体化」することに成功しました。このことで、カツラはもちろん自毛が生やせる「自毛植毛」と比較しても遜色ない自信作になりました。

実際肉眼で見てもほとんど見分けがつきません。

例えるなら、自毛植毛が「生えている」のに対して、ヘアコンタクトグランは「まるで生えているように見える」製品です。

自毛植毛が「レーシック」ならヘアコンタクトは「コンタクトレンズ」

ヘアコンタクトは発売当時から、カツラを「メガネ」に例えてヘアコンタクトは「コンタクトレンズ」として形容されていました。

メガネと比べてコンタクトレンズは、目と一体化して見た目がそのままで視力矯正効果が得られます。ヘアコンタクトも同様に頭皮と一体化して見た目も自然に頭髪の悩みも解決できます。

これが「ヘアコンタクト」と呼ばれる所以です。

近年視力矯正策として医療行為の「レーシック」が一般的になりつつあります。

今例えるならば、

「レーシック」が自毛植毛

「コンタクトレンズ」がヘアコンタクト

「メガネ」がカツラ

といったところでしょうか?

あなたはレーシック(自毛植毛)にしますか?

それともコンタクトレンズ(ヘアコンタクト)にしますか?

植毛に興味がある方の「今」のベストチョイスはヘアコンタクトグラン

「今」何か対策をしたい場合はヘアコンタクトグランが最適です。

ヘアコンタクトグランなら自毛並みの自然さが頭皮に手を加えずに手に入ります。

どうしても「今」自分の毛を生やしたい方は自毛植毛、将来を見据えて考えたい場合はヘアコンタクトグランがベストチョイスです。