博多店

ヘアコンタクト誕生秘話

こんにちは!プロピア博多店です

今回は,ヘアコンタクトがどのように開発されたかをご紹介させていただきます(^o^)

ヘアコンタクトが発売されたのは2003年の5月でした。

開発期間は6年間以上、発売から約15年経過した現在も進化を続けるヘアコンタクトですが、一番苦労したのは、頭皮に密着させるための粘着剤だったそうです(当社では吸着剤と呼んでいます)

ヘアコンタクトの発想上でヒントになったのは、なんと皆さんご存じの『絆創膏』です。

肌になじんで、薄くて、丈夫!!

絆創膏に髪の毛を植える事ができないか??

これがきっかけでした。
これが実現すればカツラとは比べ物にならない自然な製品になるだろう、そんな思いでスタートしたのです。
世界中のカツラが手作りだった時に、機械化による製造も苦労はしたのですがこれは何とか自社で進める事ができていました。

製造の目途が立ってきたところで、最終製品として完成させるための粘着剤探しが始まりました。
当社は粘着剤のメーカーではありませんので、当然、専門のメーカーに頼らなければなりません。
カツラに使う粘着剤はすでにありましたが、カツラの使用期間は通常1日です。
ヘアコンタクトは長期使用(初期の開発スペックは最低1週間~10日の連続使用)なので、到底使えません。

とはいえ、きっかけが絆創膏ですから、すぐに見つかるだろうと踏んでいたそうです。

ところが、メーカー各社に連絡しても粘着剤だけで提供してくれるところは見つからず、自分たちで作ろうとすれば材料の合成方法もわからず、シートがボロボロになったりして、専門メーカーでなければとても作れるものではないことが分かったのです。

途方に暮れていた中で、医療関係に納めている大手医療品メーカーさんが協力に名乗り出ていただけることになり、やっと商品化する事ができました!!!
(ここに至るまでにも紆余曲折色々あったのですが、それはまた改めて書かせていただきます)

ヘアコンタクトに使用されている吸着剤は、肌に使用するものとしては、最長クラスの装着期間を実現している物だと思います。
ヘアコンタクトには、今までの毛髪商品にはなかった部材を使用しています。
自毛のように自然であるとか、自由にヘアスタイルを楽しめるなど、画期的な製品特性を持つヘアコンタクトですが、使っている部材も画期的な物だったのです^^

プロピアの看板商品「ヘアコンタクト」
ぜひご自身の目で実際の商品をご覧になってみて下さい。
ご来店はお近くのプロピア直営サロンまでお気軽にお越しください♪

プロピア博多店にご相談ください。

プロピア博多店は、博多駅から徒歩3分にある総合毛髪サロンです。

薄さ0.03mmの極薄フィルムが特長のヘアコンタクトはもちろん、 かつら、ウィッグ、 増毛、育毛など髪の毛のお悩みならなんでもご相談ください。経験豊かなスタッフが丁寧にカウンセリングさせていただきます。

福岡 / 博多エリアで一番のおもてなしを目指すプロピア博多店に是非お越しください。(完全予約制)

 

ご相談はこちら